テスト5

恥の多い生涯を送って来ました。自分には、人間の生活というものが、見当つかないのです。自分は東北の田舎に生れましたので、汽車をはじめて見たのは、よほど大きくなってからでした。自分は停車場のブリッジを、上って、降りて、そうしてそれが線路をまたぎ越えるために造られたものだという事には全然気づかず、ただそれは停車場の構内を外国の遊戯場みたいに、複雑に楽しく、ハイカラにするためにのみ、設備せられてあるものだとばかり思っていました。しかも、かなり永い間そう思っていたのです。ブリッジの上ったり降りたりは、自分にはむしろ、ずいぶん垢抜けのした遊戯で、それは鉄道のサーヴィスの中でも、最も気のきいたサーヴィスの一つだと思っていたのですが、のちにそれはただ旅客が線路をまたぎ越えるための頗る実利的な階段に過ぎないのを発見して、にわかに興が覚めました。また、自分は子供の頃、絵本で地下鉄道というものを見て、これもやは

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ノコヤドットネット代表。静岡県浜松市と岩手を拠点に中小企業や小規模事業者向けにホームページ制作やWebコンサルティング、スマホやクラウド、Webサービスなど様々なITツールを組み合わせて、『コストをかけない集客&業務効率化の支援』をおこなっています。
「ホームページやSNS、ITを活用したいけどどうすればいいのかわからない」とお悩みの小さな会社やお店の経営者やネット担当者の方々に役立つ情報発信とサービスの提供をしています。
趣味は筋トレ、ダイエット、料理、1人カラオケです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる